現行で販売されている国産SUVの中で室内が最も広いのは?

トップページ > 現行で販売されている国産SUVの中で室内が最も広いのは?

発売しているSUVの中で室内が最も広いのは?

 

国産SUVで室内が広いのは

 

現在販売されている国産SUVの中で、室内空間が広い順番にランキングします。ランキングする順番は、室内長、室内幅、室内高を足し算して合計が最も大きくなったSUVを、最も広い国産のSUVとして紹介します。もっとも室内空間の広いSUVはどれでしょうか?

 

 

現行で販売されている国産SUV室内空間ランキング

 

ランキング 室内長室内幅室内高 
ranking-free-sozai1_R三菱
(デリカD:5)
CV2W
2915150513105730
ranking-free-sozai2_Rトヨタ
(ランドクルーザー)
URJ202W
2715164012005555
ranking-free-sozai3_Rスバル
(エクシーガ
クロスオーバー7)
YAM
2720151012755505
ranking-free-sozai4_R三菱
(アウトランダー)
GF7W
2580149512655340
ranking-free-sozai5_R三菱
(パジェロ)
V93W
2535152512355295
ranking-free-sozai6_Rレクサス
(RX)
AGL10W
2180156012204960
ranking-free-sozai7_Rスバル
(フォレスター)
SJ5
2095154012804915
ranking-free-sozai8_Rホンダ
(CR-V)
RM1
2125154012154880
ranking-free-sozai9_Rスバル
(アウトバック)
BS9
2030154512404815
ranking-free-sozai10_R日産
(エクストレイル)
T32
2005153512704810

 

 

現在販売されている国産SUVの中で最も広いのは三菱・デリカD5

 

国産SUVで一番大きな車内広いのは?

 

現在国産メーカーが販売しているSUVの中で、最も室内空間が広いのは、三菱・デリカD5と言う結果となりました。人によっては、デリカD5は、ミニバンといわれると思いますが、確かにデリカD5は、ミニバンです。

 

しかし、SUVの定義である、スポーツアクティビティを楽しめる車と言うことでしたら、他のミニバンより優れた走破性能があります。三菱が得意とする四駆のテクノロジーがデリカD5には詰まっています。デリカD5は、まぎれもなくSUVです。

 

ランキング二番目は、トヨタ・ランドクルーザーです。ランドクルーザーは、一位のデリカD5と違い、形から異論は出ないと思います。今回参考にしたランドクルーザーは、八人乗りのモデルです。デリカD5は、SUVよりの車で、ランドクルーザーは、ミニバンよりの車といえます。

 

室内空間が広いランキング三番目は、スバル・エクシーガクロスオーバー7です。こちらも形から異論が出そうですが、スバル・エクシーガクロスオーバー7は、スバルがラリー選手権などで培った四駆技術で作られた車です。優れた走破能力があります。スバル・エクシーガクロスオーバー7は、ミニバンとSUVとステーションワゴンを組み合わせたような車です。

 

SUVの室内空間の広さは、居住性にも影響します。今回ランキング上位に来ているのは、6人以上乗れる車が多いです。たくさん人を乗せる方は、乗車定員と共に、室内の広さも重要ですよ。