軽自動車SUV室内の大きさランキング

トップページ > 軽自動車SUV室内の大きさランキング

軽SUVの中で室内の大きさを基にランキング

 

国産軽自動車SUV

 

軽自動車SUVの中で、室内の大きさを基準でランキングします。軽自動車は、日本独自の規格で、普通自動車と比較すると、様々な制約があります。様々な制限がありますが、その制限の中で、一番室内空間の大きな軽自動車SUVをランキングします。

 

 

軽自動車SUV室内空間ランキング

 

ランキングメーカー
(車種名)
型式
室内長
室内幅
室内高
合計販売状況
ranking-free-sozai1_Rマツダ
(フレア
クロスオーバー)
MS41S
2160
1295
1250
4705現行モデル
ranking-free-sozai2_Rスズキ
(ハスラー)
MR31S
2035
1295
1250
4580現行モデル
ranking-free-sozai3_R日産
(キックス)
H59A
1665
1220
1210
40952012年
生産終了
ranking-free-sozai3_R三菱
(パジェロミニ)
H53A
1665
1220
1210
40952013年
生産終了
ranking-free-sozai5_Rマツダ
(AZオフロード)
JM23W
1660
1220
1210
40902014年
生産終了
ranking-free-sozai5_Rスズキ
(ジムニー)
JB23W
1660
1220
1210
4090現行モデル
ranking-free-sozai7_Rダイハツ
(テリオスキッド)
J131G
1655
1220
1155
40302012年
生産終了
表示しているグレードは一番お安いグレードです。
生産終了モデルは2006年以降に終了したモデルを紹介しています。

 

 

一番室内空間が広い国産SUVは、マツダ・フレアクロスオーバー

 

 

軽自動車SUV[

 

軽自動車の規格で最も室内空間が広いのは、マツダ・フレアクロスオーバーと言う結果となりました。ただ、マツダ・フレアクロスオーバーは、二位のスズキ・ハスラーのOEM車種で、スズキ・ハスラーを元にOEM供給されています。

 

実は、二位のスズキ・ハスラーにも一位のマツダ・フレアクロスオーバーと同じ数値の内寸があるグレードもあります。室内長は、ダッシュボードの端からシートの後ろまでで計測する場合が多く、シートの形状、ヘッドレスの形状で寸法は変ります。室内大きさランキングは、参考までにしていただくといいと思います。

 

 

三位は、同一で三菱・パジェロミニと、日産・キックスです。この二台は、同一車種で、日産・キックスは、三菱・パジェロミニのOEM供給車種です。基本的な性能は同じです。両車種とも残念ながら現在生産を終了していますので、購入には中古車を購入するしかありません。室内の大きな軽自動車SUVをお求めの方は参考にして下さい。