2500cc以下の国産SUVトルクランキング、トルクの数値が一番高い国産SUVは?

トップページ > 2500cc以下の国産SUVトルクランキング、トルクの数値が一番高い国産SUVは?

国産SUVの中で一番トルクが高いのは?2500ccまでのSUV編

 

国産SUVパワーがある車ランキング

 

国産SUVの中で、エンジンスペックの数値の一つの指標である、トルクが高い順にランキングします。区分は、エンジン排気量が2001cc以上2500cc以下の国産SUVの中で、比較、ランキングします。国産SUVの中で、一番馬力が高いのはどれでしょうか?トルク重視でSUVを選択される方は、参考にして下さい。

 

トルクが高い車は、非常にパワフルです。坂道の発進をする時、トルクのあるSUVの方が坂道をスムーズに加速してくれます。平坦な道を走る時でも、トルクの数値が大きな車と、トルクが小さな車でしたら大きな車の方がエンジンのパワーを実感できます。トルクの高い国産SUVお探しの方は参考にして下さい。

 

 

国産SUVトルクランキング

 

 

ランキングメーカー
(車種名)
排気量トルク販売状況
ranking-free-sozai1_Rマツダ
(CX-5)
ディーゼルエンジン搭載モデル
2188cc42.8kg現行モデル
ranking-free-sozai2_R三菱
(デリカD:5)
ディーゼルエンジン搭載モデル
2267cc36.7kg現行モデル
ranking-free-sozai3_Rマツダ
(CX-7)
2260cc35.7kg2011年
生産終了
ranking-free-sozai4_Rマツダ
(CX-5)
ガソリンエンジン搭載モデル
2488cc25.5kg現行モデル
ranking-free-sozai5_R日産
(ムラーノ)
TZ51
2488cc25.0kg2014年
生産終了
ranking-free-sozai6_Rスバル
(エクシーガ
クロスオーバー7)
2498cc24.0kg現行モデル
ranking-free-sozai6_Rスバル
(アウトバック)
2498cc24.0kg現行モデル
ranking-free-sozai8_R三菱
(デリカD:5)
ガソリンエンジン搭載モデル
2359cc23.0kg現行モデル
ranking-free-sozai9_Rスズキ
(エスクード)
2393cc22.9kg現行モデル
ranking-free-sozai10_Rトヨタ
(ヴァンガード)
2362cc22.8kg2013年
生産終了
ranking-free-sozai10_Rトヨタ
(RAV4)
2362cc22.8kg現行モデル
ホンダ
(CR-V)
2354cc22.6kg現行モデル
トヨタ
(クルーガー)
2362cc22.5kg2007年
生産終了
三菱
(アウトランダー)
2359cc22.4kg現行モデル
トヨタ
(ハリアー
ハイブリッド)
AVU65W
2493cc21.0kg現行モデル
レクサス
(NX)
2493cc21.0kg現行モデル
マツダ
(トリビュート)
2260cc20.7kg2006年
生産終了
表示しているトルクはグレードの中で一番優れている数値を表示しています。
生産終了モデルは2006年以降に終了したモデルを紹介しています。

 

 

国産SUVの中で一番トルクの数値が高いのは、マツダ・CX5

 

 

パワーがあるSUV

 

2001cc以上2500ccまでの国産SUVの中で、一番トルクの数値が高いのは、マツダ・CX5です。マツダ・CX5には、ガソリンエンジンとクリーンディーゼルを搭載したエンジンの二種類の国産SUVがラインアップしています。今回2500ccまででトップのトルクになったのは、クリーンディーゼルを搭載したマツダ・CX5です。

 

2001cc以上2500ccまでのトルクランキングのランキング表を見ていただくと、二位にランクインしたのもクリーンディーゼルを搭載した、三菱・デリカD5です。軽油を燃料とするクリーンディーゼルは、同じ排気量であれば、ガソリンエンジンよりトルクが高くなります。同一車種で同じ排気量のガソリンエンジンと、クリーニングディーゼルエンジンのモデルがあった時、トルク重視の方は、クリーンディーゼルを搭載したモデルをオススメします。

 

クリーンディーゼルは、昔のクリーンと付いていないディーゼルと比較すると、飛躍的に性能が高くなりました。もともと、ディーゼルの方が環境負荷が低いと言われていましたが、ディーゼルは人への健康被害があったので、ディーゼルは悪いと考えられ、下火になっていました。技術革新で、ディーゼルは飛躍的に進化しました。

 

現在のクリーンディーゼルは昔のディーゼルは違います。昔のディーゼルを想像しディーゼルを敬遠される方は、今のクリーンディーゼルは別物と言っても過言ではありません。実際、今、クリーンディーゼルのシェアが伸びてきています。トルク重視の方には、クリーンディーゼル搭載車をオススメします。